子供の視力が悪いと野球には不利?その対策とは

2019.09.20

スライディングする子供

野球はボールの動きやグラウンドの動き全体を見渡せるだけの視力が必要となるスポーツです。

今回はそんな野球で子供の視力が悪いことで起きる問題点をご紹介します。

メガネやコンタクトレンズで野球がプレイできるかも紹介しているので、是非ご覧ください。

視力が悪いと野球には不利になる

当然ですが球技をする上では視力が悪いよりも良い方が有利であることは明白です。

野球は、硬式野球と軟式野球の2種類に区分されます。

しかし、どちらでプレイをするにしてもボールのサイズ差は僅か2~3mm程度の誤差。

そうでなくても野球ボールはサッカーやバスケットボールなどに比べると圧倒的にサイズが小さいですし、広大なグラウンドを見渡す力も求められてきますので、野球における視力の重要性は大きいです。

さらには自分に迫るボールを回避するだけの視力を持ち合わせていなければ、怪我にも繋がりかねないので視力が悪いことで発生するデメリットや不利な点はご理解いただけるでしょう。

私自身も小学生の時に武道を習っていた経験がありますが、相手と1対1での試合をする際に、あまりの視力の悪さに相手からの攻撃が見えないということが多々ありました。

その当時は怪我に繋がるということは回避できましたが、自分のポテンシャルを引き出すことはできませんでした。

子供が成長する時期に、子供のやる気を削ぐ環境というのは決して本人の伸びしろの為にもなりません。

ですので視力が悪いままで放置するのではなく、何かしらの視力向上に繋がる対策が必要です。

子供の視力は低下し続けている

子供とスマホ

実は子供の視力は低下し続けていることをご存知ですか?

現代社会ではスマートフォンが普及し、携帯電話を持ち運ぶというのが当たり前のご時世です。

当たり前になったのは、スマホが普及する以前が現在ほど携帯電話を所持できる価格設定ではなく、子供に与えるモノとしては贅沢な存在でしたし、子供と連絡が取れないことへの危険性が高まったことも1つの理由でしょう。

しかし、そんな便利すぎるスマホこそ視力低下に繋がる要因を作っているので注意が必要です。

視力低下の最たる理由として、同じものを近距離で見続けていることが原因とされています。

パソコンやスマホであれば画面内に夢中になっている時、勉強であれば教材やノートを凝視している時などが原因であり、近距離で細かな文字や動きを見ることがやがて目への疲労に繋がります。

なので適切な距離を図って作業をしたり、目を使い過ぎる前に目を一定時間休ませてあげるなどの対策が必要です。

また両親による遺伝性も捨てきれないので、最近になって視力が低下したのか、元々視力が悪かったのかなど、視力低下の時期を知ることも原因を究明するきっかけになります。

メガネをして野球はできる?

メガネをして野球をすることは一言で結論づけるなら可能です。

プロ野球選手の中には、「ミスタースワローズ」でも知られる元ヤクルトスワローズの名捕手・古田敦也さんなんかもメガネを着用した上からヘルメットを着けて試合に臨んでいました

もちろんメガネを着用した状態だとメガネが曇って前が見えにくい場合もあるし、ボールが顔面に直撃すれば破損する可能性だってあるでしょう。

なのでメガネをして野球すること自体は可能ですが、メガネにするべきか否かは一概には言えないです。

スポーツメガネというのも存在しているくらいですし、なかにはプロ野球選手モデルのモノも存在します。

購入するものによって重量や耐久度も異なってきますので、そこはお子さんと相談してみてくださいね。

コンタクトレンズは?

コンタクトレンズ

メガネやコンタクトを検討する際に視野って考えたことありますか?

人間には上下を見渡す垂直視野と左右を見渡す平行視野の2種類が存在します。

ちなみに周囲を見渡すとなれば左右を見渡す平行視野がどの程度であるかが重要になりますが、これがメガネの場合だと約120度、コンタクトで約180~200度になっています。

メガネの方が圧倒的に視野が狭いのは左右ともにメガネのフレームで遮られているためです。

野球をするとなれば多角的な視野が求められるため、コンタクトレンズを使ってプレイする方がオススメです。

しかし、コンタクトの場合だと早朝の練習時に合わせて、コンタクトを取り付けるのも手間になりますし、砂埃が入りやすい野球においてはコンタクトが仇になるケースも少なくありません。

そこまで神経質になる必要もありませんが強風時や相手がスライディングしてきた際の砂埃には注意してましょう。

視力回復させるおすすめの方法

MRフタワソニック

一般的にはメガネやコンタクトで対策するかと思いますが、視力回復という意味合いでは根本的な解決にはなっていないですよね。そんな時にオススメなのが厚生労働省も認めた超音波治療器『MRフタワソニック』です。

スマホ・ゲーム・勉強などで抱えている眼精疲労、白内障や緑内障、さらにはドライアイといった症状の緩和が期待できます。

使用時は目の視神経などのコリをほぐし、筋肉の麻痺や痙攣を緩やかにし、血行を促進します。根本的な視力回復への効果も期待できるだけでなく、副作用や後遺症の事例もない信頼できる治療器具になります。

子供に野球をさせる上でメガネとコンタクトにはデメリットが付き物。そこで悩んでいるのであれば一度でもいいので超音波治療器『MRフタワソニック』をお手に取ってみてはいかがでしょう。

使い方は人によっても様々なのでメガネ+MRフタワソニック、コンタクト+MRフタワソニックという二刀流スタイルも全然可能です。

いまなら無料モニターも実施しているのでその使用感を是非試してみてください。

まとめ

大事なポイント

  • 視力が悪いと怪我の可能性もあって不利な部分が多い。
  • 視力低下の原因は現代におけるスマホ普及が関わっている。
  • メガネを着用して野球をプレイするのは全然OK。
  • 野球の場合はメガネよりもコンタクトレンズの方が視野が広くてオススメ。
  • 視力回復には超音波治療器「MRフタワソニック」がオススメ。

いかがでしたか? 子供が野球をする上では視力が悪いことは不利な要素が多いです。単純に視力矯正だけであれば、メガネやコンタクトで問題ありません。しかし、根本的に視力回復を望むということあれば、年齢的にレーシック治療ができない以上、「MRフタワソニック」のような超音波治療器がオススメです。