眼の老化を防ぐ方法!若い目を保つための6つのポイント

2019.04.05

目のアップ

眼の老化を防ぐ方法はあるのかと疑問に思ったことはありませんか?

眼が疲れやすくなったり、目が乾いたり、近くのモノがみえづらくなっているような方は目の老化のサインと言えます。

年齢を重ねるごとに老化はするので避けられないものではありますが、できることなら目の老化のスピードを和らげたいものですよね。

そこで今回の記事では、眼の老化を防ぐ方法について解説します。

眼の老化を防ぐ方法

果たして眼の老化を防ぐ方法はあるのでしょうか。

結論から言うと、眼の老化のスピードを抑えることは可能です。

老化そのものを止めてしまうということは現代医学や化学では不可能ですが目が衰えてしまう速度を緩和させることなら可能なのです。

眼の老化を防ぐには、以下の6つのことが大切です。

  • 睡眠をしっかりと取る
  • ストレス発散をする
  • バランスのよい食事を心がける
  • しっかりと眼を休ませる
  • 適度な運動
  • 血行を悪くする行為は避ける

睡眠をしっかりと取る

睡眠は眼の疲れを回復させる効果の他に目を使わない時間を増やすので眼の老化防止に役立ちます。

夜更かしはできるだけ避けるようにして、0時前には寝るようにしましょう。

ストレス発散をする

ストレスを溜め込み過ぎると自律神経を乱してしまう原因となります。

交感神経と副交感神経のバランスを正常に保つためには、ストレスを溜めないことが大切。

ストレスは目に症状として現れやすく、眼の老化の原因ともなるので、できるだけリラックスできる環境をつくりストレスをしっかりと発散するようにしてください。

バランスのよい食事を心がける

食事 バランス

バランスの良い食事は、眼の老化を緩和させるのに非常に効果的です。

緑黄色野菜や豆、海藻類なども加えてバランスのとれた食生活を心掛けるようにして、偏食はしないようにしましょう。

ドライフルーツやブルーベリーなどできるだけ目に優しい栄養素を摂り入れることもポイントです。

また、栄養の吸収を高めるためにも、冷たいものよりもできるだけ常温や温かいものを摂取するようにして下さい。

しっかりと眼を休ませる

長時間テレビやゲーム、パソコンなどに向き合うと眼の血行が悪くなってしまい老化を促進させてしまいます。

仕事や勉強などでどうしてもパソコンなどを利用しなければいけないような場合は、1時間に1回はストレッチなどをして5~10分ほど目を休ませるようにしましょう。

適度な運動

適度な運動は眼の老化を防ぐ効果や生活習慣予防にも役立ちます。

運動することで全身の血行が促進されるのでストレス解消にもつながり、生き生きと健康で若さを保つのにも役立ちます。

血行を悪くする行為は避ける

眼の老化と血行は深い関係性があります。

血行が悪くなってしまうと加齢黄斑変性症や白内障などといった眼の疾患・病気の原因ともなります。

脂っこい食事や喫煙などはできるだけ避けるようにして下さい。

眼の老化を防ぐストレッチ

眼の老化を防ぐのに効果的なストレッチもあります。

毎日数回、ストレッチをすることで、眼のレンズの役割をする水晶体の厚みを調整してピンチを合わせる働きのある筋肉の毛様体筋をリラックスさせることができるので衰えて老化してしまうのを防ぐことができます。

毛様体筋をリラックスさせるストレッチは、目の前にあるものをリラックスした状態でぼんやりとながめるだけです。

眼のコリをほぐすので疲れからくる老化の防止効果が期待できます。

また、眼の周りにあるツボを押すマッサージも目の疲れを改善させる効果があります。

目の疲労回復に効くツボはいろいろとありますが、眉頭の内側で目の上の骨縁の少しへこんだところにある「攅竹(さんちく)」、目頭の左右のくぼみ鼻の付け根の横側にある「晴明(せいめい)」、こめかみの下の少しくぼんだ部分にある「太陽(たいよう)」、この3つのツボをゆっくりと押すようにするとよいです。

眼の老化現象のサイン

眼の老化現象がはじまっているのかを見極める方法あるのでしょうか。

人の目は、私たちの生活にとってとても重要な器官なのですが、体と同様に少しずつ老化して見えにくくなってきます。

以下の症状が現われている方は、老化がはじまっている可能性が高いのでしっかりとケアするようにしましょう。

かすみ目

かすみ目とは、目を使い過ぎてしまうことで、毛様体筋が硬直してしまい、ピントの調整機能が低下してしまった状態をいいます。

一時的なものであれば特に問題ありませんが、日常的に目のかすみが現れるような方は、眼の老化が進んでいる可能性があるので注意してください。

ドライアイ

ドライアイの女性

ドライアイは、眼の表面が乾燥した状態です。

近年では、パソコンやスマホの普及により目を駆使する方が増加したのでドライアイに悩まされている方が多くいます。

ひどいと充血や痛みを伴い、加齢により涙の量も減ってきます。

現在、このような症状があるような方は目の老化が進行している可能性があるので注意するようにしましょう。

老眼

老眼は早い方で40代前半から自覚する方がいます。

加齢に伴う水晶体の硬化と毛様体筋が衰えてしまうことでピントの調整がうまくできなくなってしまうことが原因です。

このような状態にならないためにも、日頃から目のケアをしっかりとするようにして下さい。

眼精疲労

眼精疲労は目の疲労が蓄積されることで誰にでもおこる症状です。

眼精疲労が起こると、頭痛や肩こりなどの症状として現れるのでわかりやすいのですが、しっかり休んでも眼精疲労が回復しないような場合は、眼の老化が進行している可能性が高いです。

そのまま放置してしまうと、どんどん老化が進行してしまうのでしっかりとケアするようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、眼の老化を防ぐ方法について紹介してきました。

ヒトは、加齢と共に体も目も老化してしまいます。

老化を止めるようなことはできませんが、目に優しい日常生活を送ることで老化の進行を遅らせることはできるのです。